スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
こんばんは。AVTechNO!ことアドバンステクノだよ

久々のひさひさに曲のことについて書こうと思います。
EXORDIUMのね。

まず曲名の読みは
EXORDIUM ~Mikularus Chorus(エクソルディウム・ミクラルス・コーラス)
この曲の作り始めは今年の1月・・・2月?頃かな。
Desperateよりも前にはじめていたんだ。

事の始まりは楽曲作っていて凄く気に入ったフレーズや
気持ちい音ができたりするわけです
でも、それだけってわけにはいかないのです。
曲としてのストーリーがあるから。

でも今回の曲はその気持ち良いとこだけを
ずっと繰り返すテクノもいいんじゃないか
そして、コーラスを少しだけ入れてって。

でも進めていくと「ここは盛り上げたい」「ここは静かにしたい」
なんだろうね..性分というか、物足りなさが抑えきれなく
「やっぱり歌いれよう!」

で結局歌入りの曲になってしまったって感じです。
ただ、すこぶる長くなったけどん!

今までの中でも長めの曲はあったよ
「ASのRE;LAX」
「ASのROOM」
「初音ミクTEARのBlack in the ... (inst ver.)」
「IVVVIのGRANDIOSO (Instrumental)」

でも、20分は初だん!

オートメーションとかも結構書き込んだり
歌のプロジェクトも曲が長い分歌詞も長く
パート分けが大変だったり。

<楽曲プロジェクトファイル>
exor oke

<歌プロジェクトファイル>
exor uta

いつもは音の重なりが多くなってしまうけど
この曲は「なるべく重ならないように」
かつ、
「重なって気持ち良い音に」って心がけたん。

効果音とかでサックスのひっくり返した音にピッチ変えたり
何より気づく人は気づくと思うけど
今回の曲シンバルをほぼ使ってないん。
最後の最後部分でシンバルのひっくり返したの1回だけ登場するけど。

楽曲ができて歌をはめ込む。
これいつもの流れ。
でも歌を作っては
楽曲のオケを修正して
メロディーラインを変えては
楽曲のコードを直して・・・

いやー時間がかかったよ。
まじ(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾かかったよー

予定はGW中に投稿しようって考えてたけど
なめてたよ。
曲が長いって事は、
確認するのも時間がかかるって事をさ..事をさ..をさ...をさ...

でもこの曲作ってよかった事もあったよ
「曲作りって楽しい」って再確認できた。

おっ 歌詞について触れてなかった。
今回の歌詞は造語ではありません。
ラテン語と日本語のハイブリット歌詞です。
ミクラルスは造語。クラルスってラテン語の言葉があって
そのクをミクのクにしてくっつけたのがミクラルス。
そのミクラルスのコーラス。

なぜミクラルスコーラスをタイトルに入れたかというと
歌がなくてもこのコーラスだけでも曲として役を果たせるからなのだ。

コーラスのメロディーラインも歌としてできたけど
「コーラス」って脇役じゃん。
でもその脇役がなければメインが輝かなかったりするでしょ。

だから曲名の下に「縁の下の力持ち」ってことで
入れたのだよ(๑•̀ㅁ•́๑)✧!!!


さて夏に向けてアルバム作り頑張るよ。
また、制作日記とかモンハン日記とかつけていこうとおもう。

みんなも仕事・勉強・創作活動頑張って!
あべも頑張るよ。

でわでわ avtechno
2016/05/18(水) 16:52 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。